借金生活の大きな原因1

(過去・現在の愛車)

初代:ホンダCR-X 1.5X    約3年間
 
 これは、初めて買った車で昭和63年車。
 1台目となり、大学生時代3年間乗った車(21歳〜24歳)
 バイトを頑張り、何とか購入。買った後も、そのおかげで貧乏生活が続いた(笑)
 確か購入当時は、走行距離48,000キロで最後は100、000キロ前後になっていた。

斜め後ろからの写真


写真は多分SIかSIRだと思う。


・型式 E-EF6
・全長×全幅×全高
  3800×1675×1270 mm
・エンジン
  D15B 水冷直列4気筒SOHC16バルブ
・排気量 
  1493CC
・最大出力
  105ps(77kw)/6500rpm
・最大トルク
  13.2kg・m(129.4nm)/4500rpm
・標準タイヤ
  175/65R14 82H
・乗員定員 4人(後ろは乗れたもんじゃない(笑))
・駆動方式    FF
・ミッション型式 5MT 

詳細はHONDA CRX

 これを書いていて思い出したが、これはグラストップで、天井が半透明ガラスになっていた。
 初めて乗った人が必ずと言っていいほど、『サンルーフ?』って聞いてきた。
 でも、『ただの飾り』と答えるしか出来なかった(笑)
 この車に乗っていた頃は車のトラブルがいっぱいあった。
 ・タイヤのパンク回数5回くらい(いたずら、激突含め)
 ・クラッチが磨り減って交換
 ・エンジン内からタペットのパタパタパタパタという音が激しいため、調整するが、しばらくして交換。
 ・エンジンから異音が聞こえるようになる。(この時に2代目に交換)
などなど、問題が一番多くあった車であった(笑)
この頃は、今思えば運転が荒かった。車にとって過酷な状態だったと思う。

でも、CR−Xは2番目に長く乗った車となっている(2014年04月現在)。

 2代目:ホンダプレリュード Si VTEC (約1年間)
 
最も短期間しか乗っていない車である。事故って、廃車になったんだけど(笑)
・型式 E-BB4
・全長×全幅×全高
  4400×1765×1290 mm
・エンジン
  H22A 水冷直列4気筒DOHC16バルブ
・排気量 
  2156CC
・最大出力
  200ps/6800rpm
・最大トルク
  22.3kg・m/5500rpm
・標準タイヤ
  205/55R15 87V
・乗員定員 4人(後ろはせまい(笑))
・駆動方式    FF
・ミッション型式 5MT 

 この車の特徴は内装が特に気にいっていた。写真が一枚も撮ってないのが悔やまれる。
 エンジンをかけた時に。スピードメーターとかのパネルが一気につくのがよかった。しかも助手席までパネルが伸びている。うまく表現できないが(笑)

 この車でホンダVTECエンジンを体感する。まさに、快感!! 回転数が5500を越えた瞬間にエンジン音が変わる。
 ますますHONDAにはまることとなる。
廃車となった原因とここから始まる借金地獄
 高速道路を走っている時に、カーブでトラック(向こうが仕掛けてきた)が無謀な追い越しをしてきたため、ちょっといらっときて、逆にもう一度抜き返そうとしてとして、隣に並んだ時に、すぐ前に異物が、道路上の中央に転がっていた大きい氷の塊(札幌市の3月)にぶつかってしまった。その後そのまま走行できたけど、水温計がみるみる上昇!!。
 ひとまず高速から降りて見ると、ボンネットから煙が、ボンネットをあけると、もくもくと白煙があがる。
 車の下を覗くとラジエーターに大きな穴が(ソフトボールくらい)あいて、そこから水が漏れてるというより、出てた(笑)
 結局、エンジンが焼きつき廃車(T_T)
このとき車両保険に入っていなかった。

ここで借金が重なっていく原因となる(現在に至る。2006年8月現在)(2008年4月ついに借金完済!!)

 自動車保険(特に車両保険)の重要さを知る。

 上の事故で今のフルカバータイプの車両保険に入っていれば、自腹で次の車を買わなくても済んだはず。このとき自動車保険が高い損害保険会社で車両保険まで到底払えなった。このときにもっといろんな保険会社をしていればよかったと思う。
車を乗るなら事故ることを考えておいたほうがいい。
 もし、ここで保険料の安い保険会社にしていれば車両保険も入っていて、今頃は借金はなかったでしょう(笑)。知ってるのと知らないのとでは、こんなにも大きな違いが待っていたとは思わなかった(T_T)
 3代目:三菱FTO GR  (約2年間)
 
 型式 E-DE3A
 全長×全幅×全高  4365×1735×1300 mm
 エンジン  6A12 V型6気筒DOHC24バルブ
 排気量   1998CC
 最大出力  180ps/7000rpm
 最大トルク 19.5kg・m/4000rpm
 標準タイヤ 195/605R15 88H
 乗員定員 4人
 駆動方式 FF
 ミッション型式 4AT(INVEXU)

 次に車を必死に探したが見つからず、同じ車にするのはどうしても嫌だったので(せっかくだからいろんな車に乗りたいから)、自分の予算などを考えると、HONDA CRV と 三菱 FTOで迷った結果、若いのもあり(?)、FTOに決めた。
 ここで、CRVにしていたら、今のところオールホンダだったな〜(笑)
 この車は、ほんとはエンジンをMIVECエンジンにして(ホンダでいうVTECエンジンみたいな物)乗りたかったけど、予算の都合上、このグレードになった。

 4代目:ホンダプレリュード Si VTEC (約2年間)
 
 型式 GF-BB8
 全長×全幅×全高 4520×1750×1315mm
 エンジン H22A 水冷直列4気筒横置
 排気量 2156CC
 最大トルク 200ps/6800rpm
 最大トルク 22.3kg・m/5500rpm
 駆動方式 FF(4WS)
 ミッション型式 7ポジション電子制御4速オートマチック
 

 4代目の車は、またまたHONDA車(笑) HONDA プレリュードとしては5代目になるこのタイプに乗る。
 最初出た頃は、絶対乗らないと決めていた車に乗ることになろうとは(笑)
  この5thプレリュードは、2台前に乗っていたプレリュードと同じ最大出力だったけど、絶対こっちのほうが早いと思う。
 重さはこっちのほうが重いのに加速が全然良かった。
 やはり、HONDA VTECは最高! これは乗った人にしかわからない。

 5代目:ホンダモビリオスパイク (約8年間)
 
 型式 CBA−GK1
 全長×全幅×全高 4,110×1,695×1,705
 エンジン L15A水冷直列4気筒横置
 排気量 1,496CC
 最大出力 110ps/5,800rpm
 最大トルク 14.6kg・m/4,800rpm
 駆動方式  FF
 定員 5名 
 ミッション AT(ホンダマルチマチックS<自動無段階変速機>[プロスマック7スピードモード付])

 今までとまったく違った種類の車に変更した。
 この車はホンダモビリオ(7人乗り)の5人用タイプで出されたみたいだが、外観は前も後ろも結構違う。
 この車が出された時、(基本的にホンダの車は要チェック)
 何か惹かれるものがあった。
 ちょうどこの頃、プレリュード(4代目)の調子もよくなかったので、散々迷った末、結局車を買ってしまった。


 この車に乗って、もうすぐ8年になるが、本当に実用的で素晴らしい車だと思う。
 このクラスで荷室の容量はものすごく大きく、自転車も2台も積めるほど。

    

 
    

 これだけ、頻繁に車を変えれば借金が増えるに決まっている(笑)当時は全然何も考えていなくてローンを組んでいたなー(T_T) 車のせい(自分のせいか(笑))で社会人になってから一度も借金がゼロの時期がなかった(T_T) (2008年4月ついに借金完済!!)
 
 次に乗る車もきっとHONDAでしょう(笑)
 6代目:ホンダフリードスパイク  (現在)
 
 型式 DBA−GB3
 全長×全幅×全高 4,210×1,695×1,715
 エンジン L15A水冷直列4気筒横置
 排気量 1,496CC
 最大出力 87kW(118ps)/6,600rpm
 最大トルク 144N・m(14.7kg・m)/4,800rpm
 駆動方式  FF
 定員 5名 
 ミッション AT(CVT〈無段階変速オートマチック>)

トップページ
30歳京男の節約日誌
SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO