簡単節約インテリア


部屋のインテリアに凝ると、どうしてもお金がかかってしまいます。
どうしても気に入ったものは高くても買ってしまいますが(笑)
でもどうにか少しでも安くする方法はないのかなーと考えました。
そこで、ここでは簡単にしかも出来るだけ安く出来る方法を紹介します。
少しの工夫、捨てる材料を見直せば、部屋のイメージを変えることができます。

 

賃貸マンションでの部屋

スイッチ・コンセントカバー




まずは、電気のコンセントや照明のスイッチです。
今は東急ハンズなどで、コンセントカバーやスイッチボックスカバーなどが売られていて、簡単に付けることが出来ます。
ただ、一個500円近くするので、全部付けるとなると結構お金がかかります。
そこで、簡単にほとんど無料で出来る方法を紹介します。


まず、コンセントカバーを取り外します。

次に、自分のお気に入りの雑誌のページをそのコンセントカバーを型にして、そのページの裏側から切り取ります。
次に、糊か両面テープで角だけ貼り付けます。
(あまりつけ過ぎると後で取るのが大変です。)

これで、完成です。
同じ要領でスイッチ部、電話のモジュラージャックカバー部分もやってみましょう。
部屋の雰囲気も少し変わります。
その部屋にあわせたモノを貼りましょう。




ジーパン
ディスプレイ


ジーパン下に黒布
寂しい白い壁も一工夫で変わります。
たとえば、下のような白いクロス(壁紙)だけ部屋

100円ショップで購入した赤のラッピングシートにチェーンを掛けて、広告などを飾ってみる。。

これだけで、意外と雰囲気が結構変わります。
部屋に合わせた色を飾ってみよう。

寂しい部屋も簡単にしかもお金もかからず雰囲気のある部屋に変身できます

左の部屋のジーパンディスパイ編ははコストがゼロ。
(服飾代は別ですが...好きな服を飾るだけ。)
せっかく飾っても、着る時に面倒だったらもったいない。
ここでは。壁に一般の画鋲にベルト部分を掛けているだけ。
下のもチェーンで釣ってるように見えますが、実は画鋲です。
チェーンはただの飾り。
ちなみに黒布やその他のグッズはもらいもの。

右の部屋は寝室の壁が寂しいので半分はすだれをかけて
(すだれはジャスコで200円くらいだった。)そこに、今まで出席した友人、先輩、後輩の結婚式の報告のはがきを飾ってます。
いつの日か自分の写真もここに...入るはず(笑)
その隣には暖簾(これはジャスコで2000円弱)に、チャリ旅行思い出の手拭(?)を上にしてます。

徐々に追加はしていく予定ですが、これだけでも部屋の雰囲気はがらっと変わります。

暖簾に思出手拭

すだれに写真

オリジナル時計


裏側


ムーブメント
自分で好みの色や好みの形に時計を作ってみよう。
用意するものは時計のムーブメント(大きな100均なら置いてます。)、針(短針、長針、秒針)、自分が時計にしたい台
これだけで簡単作れます。

松伸が作った時計を参考に説明します。

用意した台は、購入した炊飯器に付いていた緩衝材(笑)
それに、ムーブメントを後ろ側から取り付け、中央部分に小さい穴を開けて、正面側から針を取り付けるだけです。

ちょっと気になるのが、うまく形が合わなかったため、ム―ブメントが緩衝材の隙間に収まらず、少し緩衝材をくり抜いています(写真右下)
これがちょっと残念。いずれは粘土で隠す予定。

あと正面側の色(赤とチョコ色)は、部屋の雰囲気に合わせて、ラッカースプレー(100円均一で購入)で塗装してます。
12時と6時、3時と9時ラインはチョコ色、その他は赤色

時計台は、自分の部屋にあわせて、好きなものを選びましょう。
高い壁掛け時計を購入するよりも、簡単に部屋に合わせることが可能。


正面


早く隠したい(笑)


2006年5月

2007年1月変更前

2007年移動中

2007年模様替え
机は小学校、中学校、高校の時は親のおさがりを使っていた。
当時はどうしても新しい机が欲しくて欲しくてしょうがなかったなー。
それで大学時代初一人暮らしの時に念願の新しい机を買った。でもこれが全くと言っていいほど使わなかった。
部屋の1/3くらいを占めていて、荷物置き場と化していた(笑)
それも結構高い机だったのに...
昔は知らなかったけど、机って言うのは電気製品でもなく、ただの台なのにかなりコストがかかる。
そこで、また一人暮らしを再開した今、机(作業台)を欲しくなったので、今回は簡単に、しかも格安で作ってみた。


材料はOSB合板(910×1820×9) 
洋服の収納ケース 4個
キャンプなどで使う椅子
湿気対策
今回6月に湿気が多くなってきたので、湿気対策として収納ケースの下にすのこを敷く



トイレ


最初

空き瓶を置く
男の一人暮らしに花瓶とかまず買わないでしょう(多分)
でもワインを飲むことはあるかも?
それなら、空きビンを捨てずに活用してみよう。
空き瓶を花瓶代わりにして飾ります。本当の花でもいいけど、手入れが大変なら造花。100円ショップでも売ってます。
これなら手入れせずにずっと飾って置けます。
面倒くさがりな人にはとても安く、とても楽に部屋を飾ることが出来ます。

今回はトイレの隅に空き瓶を置いて、100均で購入した造花を置いてみました。
トイレはもっと手をかけたい場所だけど、とりあえずこれだけで我慢。
少しづつ、しかもほとんど金をかけないで変えていくつもり。

造花を添える

現在

玄関(カビたため中止)


最初
コーヒーの豆カスには脱臭効果があるそうです。
昔煙草を吸っていたときは、灰皿にコーヒーの豆カスをいれてしました。これは、煙草の(吸い終わった後の)においを消すだけなく、灰皿を掃除しやすくもしてくれました。灰皿の灰はなかなか洗っても取りにくいですが、コーヒーの豆かすを入れておくとほとんど、灰皿の灰がこびりつかないので、すごく便利だった。

現在は、煙草を吸わないけどコーヒーは大好きなので毎日必ず飲みます。
当然豆カスもでるのでどうしようかと迷っていました。
そこで、今回は、部屋の玄関口に敷くことに決定。
靴の匂いを消してくれることの期待とちょっとしたインテリアに利用。かびるため乾燥させてからの豆かすを利用。
最初は全部に敷き詰めるつもりだったけど、どうしても引きずって外に出してしまうため、100均で9mm角の木棒を購入して枠を作って、靴置き場の3分の1に敷くことに変更。
いずれは、安いレンガで囲む予定。(花壇風に)
今はなんとなく使用済みの乾電池をばら撒いてます(特に意味なし)

途中

現在

表札


キーボードを用意

ドライバーで分解

一人暮らしのマンションの玄関のプレートがあります。
せっかくなので、ちょっと趣向を凝らしてみましょう。
当然お金をほとんどかけません。
用意するのは、いらなくなったパソコンのキーボード(安いのなら1000円未満であります)とマウスパッド。
二つとも使用済みなので、今回の費用はただ。
物は取っておくといろんなことに使えます。
まず、キーボードを分解します。(これはドライバーがあれば誰にでも出来ます。)
それから自分の名前のキーを取り外します。(後ろから押すだけ)
そして、両面テープ(出来れば強力なほうがいい)をキーの後ろにつけて、マウスパッドに貼り付けるだけ。
この時、位置は中央になるように計っておきましょう。

ちょっと変わった表札です。
キーボードとマウスパッドのコラボ表札とでも(笑)

外したキー

マウスパッドに接着
ペン立て
机の上に置いていたペン立てが透明でちょっと寂しいので変えてみることにした。
ビールの缶が余っていたので、それを缶きりで上をくり抜いて使用。
そのままだと、少し深いためペンが取りにくくなったので、中にティッシュを詰めて高さを調整した。
(大切なペンとかもしいれるなら、缶きりでくり抜いた部分は鉄やすり等でしっかり削ったほうがいいと思います。管理人は安いので問題ないですが(笑)
ゴミ箱

以前のゴミ箱

引き出し風
分別するためにダンボールを二つリビングに置いていたんだけど(左上写真)
リビングの見た目も非常に悪いし、場所も無駄に取っている気に入らなかった。
そこで、ゴミ箱もインテリアの一部として取り入れることを考えた。
まず、現在のゴミ箱のダンボールよりも大きなダンボールを二つ作り、そこに引き出しのように中に以前のゴミ箱を入れる(左下写真)

そして、その大きな二つのダンボールの上に布をかぶせて隠す。(右上写真)

その上に、雑貨をいろいろ並べる(特に机やテーブルに出ているもの)
これで完成(右下写真)

これで、机やテーブルに出ているものをインテリアとして飾って置けて、机テーブルも広くなるし、ごみ箱も全然見えないため見た目も悪くない。

簡単に材料費もかからなく、男の一人暮らしにはもってこいだな。

ポイント
ダンボールなどは引越先でも捨てないようにしておくこと。
何かと使えます。

布で覆う

雑貨を並べて完成
収納スペース

ダンボールに麻をかける

すだれを上に敷く
上のゴミ箱の考え方を利用すれば、収納スペースに困っている人はこういう使い方も可能です。
冬に使っていた、厚手の絨毯、ホットカーペット、毛布など夏になると(男の一人暮らしだと)収納がな困ってしまいます。
そのためにタンスやなど買うこともできなし。
そういう人は、引っ越した時のダンボールで箱と作ります。それに夏場は不要な品物を入れておいて、上から布やすだれをかけて隠してしまいます。
ここでは、すだれ(ジャスコで150円程度)と網目状の麻(?)を使用しています。
その上に夏服を飾ると、タンスよりも見た目がいいですよ。

夏はダンボールの中に冬服、上に夏服
冬はダンボールの中に夏服、上に冬服とかでもいいかも。

全部は置ききれないでしょうが、頻繁に着る服やディスプレイしたほうがいい服は出して置くのがお勧めです。

服を並べて完成
お勧めショップ
無印のネットショップでは会員登録しておくといろんな特典があります。
必要なインテリア用品を少しでも安く購入しましょう。

無印良品
フランフランネットショップ
ノーチェ




トップページ
30歳京男の節約日誌

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO