電子名刺

 
 電子名刺とは、その名の通り、今までのような紙の名刺ではなく、電子化された名刺のことです。
 これが、今後皆さんが持ち歩くことになるかもしれません。
 ただ、まだ多くの人がスマートフォンやタブレットを持っていないため、電子名刺交換などが行われる様になるのは、まだまだ先の事だと思います。
 
 では、ここで何が言いたいのかというと、
 
 ・外出先で名刺を持っていなくて困ったことありませんか?
 (事務所に電話して事務員に机の中の名刺探してもらったことは?)
 (携帯でインターネット検索して、会社名を調べて電話したことは?)
 ・名刺の枚数が多すぎて、電話掛ける時に探したことはありませんか?
 (部下や同僚に会社の番号を聞かれて、探すのに苦労したことは?)
 (結局見つからず、同じ名刺を持っている人からコピーしたことは?)

など、いろいろ名刺で困ったことがある人に、まさにうってつけなのが電子名刺

 つまり、今までたくさんの名刺を、スマートフォンに入れてしまおうと言うもの。

 そうすれば、検索もあっという間に調べることができて、さらに名刺で場所を取られていた机の中、名刺ケース、名刺ホルダーなどスペースが有効にも使えます。

 具体的に分かりやすく説明するには動画が一番いいと思い、画像と動画を使って説明します。

 まずは、今まで名刺を用意します。
 (このデモ用として3枚用意しました。全て、個人情報は伏せてます。人様の名刺を黒字で塗りつぶすのは抵抗があったので、許可をとった身近な人の名刺です。))



これをスキャナーで取り込み、データを入力して、スマートフォン(今回デモで使用しているのは、iPhone4)のアプリ(今回デモで使用したのは、Biz.Cards)を起動してみました。



これを使用した感想として、

・実際の名刺を見ているように感じる
・その選んだ名刺から、そのまま電話をかけられるだけでなく、住所から地図を表示させることも可能
・会社名順、姓名順に並べ替えが可能
・携帯に入っているアドレス帳と区別されている。(必要な物はアドレス帳に組み込むことも可能)

 実際に自分が持っている名刺を100枚まず試しにやってみましたが、かなり使いやすい。名前検索、会社名検索も瞬時に行うことができる。名刺見つければ、電話も1秒で書けることもでき、会社の地図も5秒程度(GPSの状態により変化する)あれば表示することができる。

 こんなにも便利な機能はなかなかないんじゃないかな〜。
 特に、外周りが多い営業職の人や営業もこなす中小企業の社員などはとても役に立つと思います。

 手間なのが、スキャナーで読んだデータをスマートフォンのアプリでできるようにするデータ入力とデータ変換だな〜。スキャナーに付属するソフトでOCR認識させてみたけど、認識率は60%くらいだから、修正するのが大変。専用ソフトだともう少し認識率が向上するらしいけど、試してみたらまた報告します。

 いくつか、電子名刺アプリをインストールして試しましたが、このBiz.Cardsのアプリが最も自分の要望を満たしてくれていて、非常に使い勝手が良いアプリでした。



トップページ
30歳京男の節約日誌

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO