本(専門書)


本というのは実店舗では割引もほとんどありません。
特に専門書となると、値段が非常に高いです。

図書館でも必ずあるとは限らないし、オークションでも購入できますが、人のお下がりだとなかなか使いたくないというのが本音です。

ここでは、管理人が購入した専門書や本などを公開。
少しでも購入の参考になれば幸いです。

あの有名なアマゾンなら値段に関係なく送料無料です。
購入する手間や交通費またはガソリン代を考えると、ネットで購入した方がかなりお得だということがわかります。



JWCAD
『やさしく学ぶJw-cad5』

これは、管理人がはじめてJW−CADのWINDOWS版を覚えるのに購入した本。
CDROMも付属していてJWCADも無料インストールできます。(ネットでも無料ダウンロード可能です。)
イラストがついている(実際のパソコンの画面)ので、非常に分かりやすく、前頁カラーで非常にみやすくなっています。
30歳からでもこの本で簡単に覚えることが出来ました。
『Jw-cad徹底攻略』 CAD&CG MAGAZINE 7月号

上の次に購入したのがこの本。
この本には上の本には載っていないいろいろなJWCADの便利ツールの使用方法が掲載されています。
JWCADが一通り上の本で使えるようになったら、次は早く書けるようにいろいろな小技を覚えていくのが秘訣です。
この本にはその小技の一部を紹介しています。

この本は定価1470円なのに...
ここで購入すればよかった(T_T)
『Jw-cadとM7で素早く作るプレゼン用カラーパース』

Jw‐cadで作成した図面データベースにM7(ソフト)を用いて簡単にプレゼン用のモチーフを作成することを説明している本です。
M7に関する本はこれしかないみたいです。。
施工図
『建築施工図の基本』

施工図はかなり字・文字が細かくなり非常に見えづらい本が多い中、この本は比較的字が大きくて見やすくなっています。
解説もポイントごとに図面をピックアップして説明してくれていて非常にわかりやすくなっています。
施工図を描いたことがない人でも読める本だと思います。

リンクがうまく出来ないみたいなので
もし左のリンクでたどりつかなかったら、アマゾンの検索ボックスで上の『建築施工図の基本』と入れてみてください。
その中の『建築施工図の基本ー描き方・読み方の手引き』がこの説明の本です。
構造
『初心者のための鉄筋コンクリート建築の構造計算』

これは、構造を勉強し始めた時に読んだ本。
文章が読みやすく、図表を用いた解説があり、とても分かりやすい。
随所に例題、解説があり、理解度を高めることができます。

これから構造を始める人、始めたばかりの人にはお勧め!!です。
構造は苦手、または構造を少しかじっておきたい設計者の人にもお勧めです。

 
現場必携 建築構造ポケットブック 第5版増補

構造関係者必携のポケットブック
このポケットブックは6年ぶりに改訂されました。
構造者にとってこれほど便利な本はありません。
コンパクトでかつ必要な情報が凝縮された一冊です。
SI単位系に表示になっています。
古いのを使用している人はSI単位系に早く慣れたほうがいいですよー。 
法規
  一級建築士試験用の法規解説本

これはすばらしい!!
一級建築士の法規で悩んでいる方がいたらぜひこれを!!
管理人は、今まで○○学院の線引きに頼っていましたが、今回はこれはさらに付け加えてパワーアップしました。というか、ダブってしまうインデックスは、○○学院の方をはずしました(笑)
2週間あればこれで法規は
必ず良い点が取れると思います。
(1ヶ月じっくり2回これをやるのがオススメですが)
もしどうしても困っている人は一度試してください。 
起業

個人事業を会社にするメリット・デメリットがぜんぶわかる本―どっちがお得?!

独立する前に読んでおきたい一冊。

個人事業主となると会社を起こして社長となるかどちらが自分に適しているかを教えてくれる本。

独立する前に1回、独立してから半年経って確認するためにもう1回読んでおくと非常にためになる本です。
決算書がおもしろいほどわかる本 (PHP文庫)

これは起業した時に初年度に読んでおきたい一冊。

会社の経営状況を損益計算書と貸借対照表を理解すればすぐにわかるようにしてくれます。

これを知っておくのと知らないのとでは、会社の将来にかなり大きく影響するでしょう。





トップページ
30歳京男の節約日誌

SEO [PR] おまとめローン Windows7 冷え性対策 動画 掲示板 レンタルサーバー ライブチャット SEO